UA-123847048-1

2015年11月20日

パワーチェーンオイルとロードチェーンオイルの違いって?

高性能自転車チェーンオイルの草分けとして10年にも及ぶ人気を誇っております「ロードチェーンオイル」(液体)と、そのスプレー版として新たに開発され今ではタクリーノの主力製品となっております「パワーチェーンオイル」(エアゾール)とでは何がどう違うんでしょうか?
「どっちがいいのか迷っちゃう? 解かりやすく説明して」との問いにお応えいたします。


Power Chain OilTacurino Road Chain Oil

★どちらも「特殊な添加剤の配合」によってチェーンリンクの中にすごく良く留まり、一度注すと500〜600qぐらいもちます。

★違いは、液体は粘性が低くサラサラで、一方エアゾールは少し粘性があって極圧剤が入っています。その結果、実際のパフォーマンスはほとんど同じなのですが、液体の方は「チェーンとギアがコツコツと触れる感覚がある」ほどペダリングのフィーリングにダイレクト感があります。力が逃げていないのが感じられます。エアゾールよりもパワーロスが少ないようにも感じます。

★一方でエアゾールは、粘性と極圧剤により「滑らかな優しいペダリング感」を感じることができます。

★エアゾールの方の凄いところは「雨に強い」ところです。3時間ぐらいのけっこうな雨のレースでもほとんどオイル切れがおきません。

★容量割の値段が違いますね。液体は100mlで1500円。エアゾールの方は同じ100mlで1400円です。一見するとエアゾールの方がお得な感じがしますが、実はエアゾールの100mlは30%ほどが溶剤なので実際には液体の方が「少しお徳用」といえます。

★液体オイルは航空機に持ち込めますが、エアゾールは持ち込めません。

★あとは注し方の好みみたいなもんでしょうか。液体は一滴づつリンクに垂らしてゆくので少々めんどくさい。エアゾールはペダルを手でグルグル回しながらプシューと吹き付けて簡単便利。でも飛散したものがリムやタイヤに飛び散るのが気になるし、無駄になってる気がするとか。

以上は担当上阪の個人的感覚を交えての説明でした。あなたはどちらのタイプ?

posted by タクリーノプロダクツ at 13:53| News